内装のリフォーム

家の内装は、長く住んでいると傷みや汚れなどの劣化が気になってきます。築年数の長い中古住宅でも、内装リフォームを行うとまるで新築のような内装に生まれ変わり、心地よい空間にすることができます。

キコー企業企画は地域に根差したリフォーム業者として、40年以上お客様のお悩みを解決してきました。

そんなキコー企業企画が内装リフォームの正しい基礎知識から選び方まで、お客様の悩みや予算に合わせて提案させていただきます。

内装リフォームの基礎知識

内装リフォームの中で最も一般的に行われるものは、クロス・壁紙の張り替え、フローリングの張り替えです。

クロス・壁紙の張り替えは費用も安く、部屋の雰囲気を一気に変えてくれるため、リフォームの中でも人気の工事です。

また、フローリングは特にペットがいる家庭では傷を直したり、耐久性の高いものに張り替える目的で行われます。子どもがいる家庭では、子どもが地肌に触れても安心なように張り替えを行うこともあります。

クロス・壁紙やフローリングは部分的に劣化が目立つ場合もありますが、一部だけの張り替えは周囲と色合いや質感が異なり、浮いてしまうこともあります。場合によっては部分的な張替えよりも全体を張り替えた方が安くなることもあるので、業者と相談して決めていきましょう。

内装リフォームの種類と費用

クロス・壁紙の張り替え

クロスには主に「量産クロス」と「1000番クロス」の2種類があります。

量産クロスは一般的に使用されている壁紙で、織物調、石目調のものなどがあります。

一方、1000番クロスはキャラクターデザインが施されたものや複雑な模様など量産クロスにはない凝ったデザインのものが多く、品質も高いクロスです。

量産クロスの料金相場は1平方メートルあたり750円~950円程度です。1000番クロスは量産クロスよりやや割高で、1平方メートルあたり1,100円~1,300円程度が相場になっています。 また、両クロスともにより薄手のものとなると、塗り壁や塗装のような凝った質感を表現できるようになりますが、職人の腕も求められるため上記相場よりもやや高くなります。

フローリングの張り替え

フローリングのリフォームは、既存のフローリングを剥がし新しい床材を張り替える作業が生じます。

フローリングには無垢材と複合材の主に2種類が存在し、料金相場が異なります。

無垢材は天然木の1枚板を使用して作られた床材のことで、複合材は2種類以上の木材を重ねて作られた床材のことを指します。

無垢材は複合材に比べて調湿機能があり、木本来の風合いを楽しめること、経年変化を楽しめることなどから複合材よりも料金が高くなります。

無垢材フローリングの費用は1畳あたり2万円~4万5千円程度、複合材フローリングは1万円~3万7千円程度が料金相場です。 フローリングは部屋の色調を左右する重要な要素ですので、予算だけでなく部屋との相性などの要素も含めて検討していきましょう。

間仕切りリフォームの設置

内装リフォームには間仕切り部分のリフォームも含まれます。特に、家族構成の変化や子どもの成長に対応して部屋の間取りを変化させたい場合、間仕切りのリフォームで解決が可能な場合があります。

間仕切りリフォームは主にアコーディオンカーテンの設置や壁の設置などが考えられます。

アコーディオンカーテンとは、天井にレールなどで取り付けられたジャバラ上の頑丈な間仕切りで、不要な時には部屋の隅にコンパクトにたためるところがメリットです。色や柄が豊富でインテリアに合わせやすく、明かり漏れ対策にもなります。

アコーディオンカーテンは商品のグレードにもよりますが、大体3万円~10万円程度と比較的安価で、簡易的間仕切りが必要な場合はうってつけの設備です。

壁の設置はアコーディオンカーテンよりも本格的な間仕切りのリフォームで、子ども部屋を増やしたいときなどに選択します。アコーディオンカーテンよりも防音性や遮光性が高いため、プライバシーの保護に役立ちます。

壁の設置費用は8万円~23万円程度ですが、防音性などがしっかりしたものを選ぶと当然費用も高くなります。近接する部屋の使用状況なども考え、コストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

内装リフォームをする際の注意点

壁のクロスや床のフローリングの張り替えタイミングは10年程度だと言われています。10年を経過して外見に劣化が見られない場合でも、床のきしみなどが見られる場合は内部が劣化している可能性があるため、業者に相談すると良いでしょう。

また、部分的な壁や床のリフォームは既存部分と色合いのバランスが取れず浮いてしまう場合があります。内装全体をリフォームすると単価が下がることが多いため、見積もりを取る際は部分リフォームと全体リフォームの両方を見せてもらうと良いでしょう。

内装リフォームの会社選びは信頼と実績が大切です

内装のリフォームは工事内容によって値段が大きく変動するため、信頼を置けるリフォーム会社に依頼する必要があります。

キコー企業企画はリフォーム業者として40年以上の実績があります。
お客様の大切な住まいをメンテナンスする最良のパートナーを目指し、『小さな親切』を大事にきめ細やかなサービスを提供してきました。

\キコーの3つの安心ポイント/

その1

一括施行で
低コスト

一括施行のイメージ画像

当社は足場掛けなどの基礎から屋根工事、外構、左官、塗装などを一括で請け負います。他作業を下請けに依頼する業者やハウスメーカーよりも工期が短くコストダウンを図ることができます。

その2

3年間無料
アフターサービス

アフターサービスのイメージ画像

当社では工事施工後3年間は無料のアフターサービスを保証しています。お客様のお住まいを長期的にサポートしていくパートナーとしての体制を整えております。

その3

熟練の
多能工が対応

多能工のイメージ画像"

当社では長年、複数の技能を習得した多能工の育成に力を注いできました。通常、一つの技能習得におよそ3~5年程の見習い期間が必要ですが、当社には平均20年以上の熟練職人が揃っており、屋根工事や外構、大工仕事など、経験と実績を積み重ねています。